外壁塗装の時期

外壁塗装はいったいどのタイミングで行えばいいのでしょうか?
一般的には新築の家であれば、8年~10年くらいと言われています。
塗料には耐用年数がありますから、使う塗料によっても変わってきますが、
だいたいこれくらいを目安に一度建物のメンテナンスを行うことで、
住宅をより良い状態で保っていくことができます。


モルタルの外壁などは、乾燥伸縮など、また振動・揺れによって、必ずひび割れが生じます。
これを可動クラックと呼んでいます。
そして8年くらいを目安にひび割れは落ち着いてくるのですが、これを可動停止クラックと呼びます。
だいたいこれくらいの期間で塗り替えを行ったほうが良いのです。
そのクラックをそのまま放置していると、建物の構造部に水が入ってきてしまい、
建物の寿命を縮めてしまうことになるのです。
建物の構造部がダメになってしまった場合、大きな工事が必要になってしまい、
その費用も大きくなってしまいます。

また、紫外線や雨・風などによって塗膜が劣化していき、外壁の表面をさわると、
粉がついてしまうチョーキング現象が起きている場合も、塗替えのタイミングです。
塗膜が剥がれてしまうと、防水性も落ちてしまいます。
その結果、外壁材の劣化を早めてしまうことになるのです。
新築の家の場合、仕上げ塗料に耐候性の弱い塗料を使っていることも多いので、
定期的に家のチェックを行ったほうが良いでしょう。


また、築5~6年になってくると、新築当時よりも、風雨や紫外線、排気ガスなどで、
色あせが目立ってくるようになります。
普段いつも目にしていると色あせに気づかないことも多いと思いますが、
気になり始めたら、それが外壁塗装のタイミングといえます。


カビや藻は、特に日の当たらない北側の壁や、植え込み近くの湿気の多い場所で発生します。
これらを放置していると、塗膜が傷んでしまい家の老朽化を早めることになります。


【外壁塗装はお早めに】
外壁塗装 名古屋で塗装業者をお探しの方。
まずは気になる会社に見積もりを出してみることから始めてみてくださいね。
外壁塗装に早すぎるということはありませんから。